目指せ結婚

戸籍はどうなる

日本で外国人と結婚した場合、基本的に日本人の姓はそのままです。「戸籍に記載されるのは日本人だけ」という規則があり、外国人の配偶者を戸籍に載せることはできません。婚姻の事実は身分事項欄に記載されます。

日本人同士の場合は「同一戸籍の人間の姓は同一でなければならない」という規則があるので、どちらかの姓に統一する必要がありますが、国際結婚の場合は、日本人しか戸籍に載らないため、必ずしも姓を統一する必要はないのです。身分事項欄に記載される外国人配偶者の名前は、カタカナで姓→名の順番になります。漢字を使う国なら、日本漢字の範囲内で漢字で名前を記載することが可能です。ドットやスペース、ハイフンなどは入らないので、ミドルネームはファーストネームのあとに続けて記載されます。

日本人同士の結婚と同じように、新しい戸籍ができるまでには約1ヶ月かかります。早急に結婚事実の証明が必要な場合は、婚姻受理証明書を発行してもらいましょう。

名字は日本のままなのか

国際結婚をした場合、日本の姓を残すか外国人配偶者の姓に統一するか悩みますよね。日本で生活するなら、日本姓の方が都合がいいし、外国で生活するにしても日本人であることを忘れたくないという人もいます。

日本人は結婚後、6ヶ月以内であれば届け出るだけで姓を変更できます。ですから結婚後の必要性に応じて結論を出したいという人は、結婚と同時に姓を変更しなくてもいいわけです。姓変更の際に必要なものは「外国人との婚姻による氏の変更届け」と「戸籍謄(抄)本」です。必要部数などあらかじめ問い合わせて確認しましょう。

日本の場合は市町村役場へ、外国の場合は在外大使館、領事館へ届け出ます。6ヶ月過ぎた後は、住んでいる地域の家庭裁判所への申し立てが必要になります。外国に住んでいる場合は、東京家庭裁判所へ申し立てます。日本人が姓を変更した場合、戸籍の筆頭者の名前には線が引かれ新しい名前が記載されます。

子供の名前

日本で生活する場合、子供は日本人の戸籍に入るため、戸籍筆頭者の姓と同じになります。戸籍筆頭者が外国人配偶者と違う姓を選択している場合、子供と配偶者は別姓になるわけです。名の場合、両方の国で不便がないようにと、漢字でも表せる外国名をつける人もいますよね。「Tom」という名前を漢字で表したり、「かれん」などのように日本でも外国でも通用する名前をつけたり。いずれにしても子供の将来を考えて、夫婦で話し合って決めるのがいいでしょう。子供に独立した戸籍を作成することもできます。自分は日本姓を残したいけど、子供には外国人配偶者の姓を名乗らせたいときです。外国人は戸籍筆頭者になることができないので、子供が独立して新しい戸籍の戸籍筆頭者になります。

日本人の親の戸籍に出生が記載された後、家庭裁判所に姓変更の申し立てをし、その後、各市区町村役場に変更許可を届け出ると、外国人配偶者の姓に分籍された子供単独の戸籍が作成されます。

Favorite

瞑想のやり方についてのセミナー

Last update:2018/10/29

国際結婚の現状

戸籍はどうなる

在留資格認定書

再入国

帰化申請

国籍の選択

世界の国籍法

結婚相談所とは

結婚相談所の見分け方

悪質相談所


 

 

 

Copyright(c)2008目指せ結婚.All Rights Reserved