目指せ結婚

国籍の選択

国際結婚した場合の国籍

日本人男性と外国人女性が結婚した場合、日本人男性は日本国籍のままです。配偶者と同じ国籍を得るためには、その国の法律に従って帰化申請をする必要があります。

日本人女性と外国人男性が結婚した場合、配偶者の国によって大きく3パターンに別れます。

1、日本人女性は日本国籍のまま(配偶者と同じ国籍を得るためには、その国の法律に従って帰化申請をする必要がある)

2、結婚によって必然的に(自動的に)夫と同じ国籍になる(アフガニスタン、イラン、エチオピア、サウジアラビアなど)

3、結婚後、届け出などの意思表示をすることによって夫と同じ国籍を得る(エジプト、タイ、パキスタン、フランス、ブルネイなど)

3に関する国では、国籍取得の届出をすれば日本国籍は自動的に失われ、届出をしなければ日本国籍のままとなります。

国籍の選択

国際結婚によって自動的に国籍を与えられた女性が、その国籍を拒否できる国があります。そういった国では、届け出をしなければ二重国籍となります。しかし、それは一時的なものです。現行の日本の法律では二重国籍を認められていないので、どちらかの国籍を選択しなければなりません。20歳までに外国籍を得た場合、22歳になるまでに、20歳以降に外国籍を得た場合、2年以内に「国籍選択届け」を提出しましょう。

日本にいる場合は、各市町村役場に、外国にいる場合は在外日本大使館や領事館に届け出ます。在外日本大使館や領事館に届け出るときは、戸籍謄本を添付する必要があります。国籍選択届が期限までに提出されないときは、法務大臣から書面によって「催告」があり、それを受けた日から1ヶ月以内に日本国籍を選択しなければ日本国籍を喪失することになりますので注意が必要です。

日本国籍に戻るには

国際結婚などで、いったん日本国籍を失った人が、離婚などの理由で再び日本国籍に戻る場合、他の外国人がするように帰化申請手続きが必要になります。ただし、元日本人ということが考慮されるので通常の帰化申請よりは容易に進むはずです。

日本にいる場合は、管轄の法務局か地方法務局に、外国にいる場合は、在外の日本大使館や領事館に申請します。法務局では、条件が緩和された「簡易帰化」という手続きがとられます。緩和される条件は、以下の通りです。

注目サイト

チケットぴあ
http://www.pia.co.jp/
デュポン ライター
http://akiha-web.com/SHOP/7639/7750/list.html

最終更新日:2014/10/10

1、日本での移住期間が五年以上でなくても良い

2、二十歳未満でも良い

3、生計を営めなくても良い

ただし、審査結果がでるまでの期間は長く、1年~1年半ほどかかるようです。

 

国際結婚の現状

戸籍はどうなる

在留資格認定書

再入国

帰化申請

国籍の選択

世界の国籍法

結婚相談所とは

結婚相談所の見分け方

悪質相談所


 

 

 

Copyright(c)2008目指せ結婚.All Rights Reserved